今日もモテない ヽ(´ー`)ノ
コンタクトレンズのつらさに負けず、更新なるべく頑張ります。
奈良・京都に行ってきた!
<きっと暑いせいだ>

室内で履くズボン(ジャージ)を買おう

リラックスできるよう、いつもより大きいサイズにしよう

ワンサイズ上のズボンを購入

履いてみた

サイズぴったり。むしろキツい…。

放心状態←いまここ



絶対にユルいと思ってたのに…太ももキッツキツですよ。














    写真が多いので



    時間がある時にでも見てやってくださいな。
















奈良・京都 に行ってきますた!





一泊二日の旅。











初日は奈良





目指すは「飛鳥」エリア。










チャゲと一緒にいるのは…ASKAだ。

長与千種とタッグ組んでたのは…ライオネスだ。(年齢バレるぞ)。











最初の目的地である飛鳥寺から一番近い

「橿原神宮前」駅で下車。










歩くぞ~~~!!










観光サイトで案内されてた散策コースなのに、人が少ない…
IMG_0987.jpg










明日香村に到着
IMG_1000.jpg


やはり人が少ない。





マラソン練習中の人は、何人かいたけど

観光っぽい人は見かけず…ウヌヌ。










歩く。

歩く。










着いたーーーーー
IMG_1003.jpg










飛鳥寺ーーー
IMG_1009.jpg


596年蘇我馬子が発願して創建された

日本最古のお寺ですよ、と。










さっそく入るぞ~
IMG_1025.jpg










日本一古い仏像です
IMG_1012.jpg


このお寺は、仏像の撮影OKなんだぜ。

珍しいでしょ。





テンション上がって、色んな角度から撮っちまった。

まるでグラビアアイドルの撮影会に参加してる気分だった。










ちなみに、↓ この写真
IMG_1012.jpg


正面から撮ったのだが、

仏像は正面を向いてないのです。




聖徳太子が生まれた場所を見ているから、

という事でした。





じゃあ最初から、そっちの方向に体を向(略










また、仏像の顔は





左右から見ると印象が違って見える





という説明だったので、

さっそく見てみた。










左から見ると「優しい顔」
IMG_1013.jpg










右から見ると「厳しい顔」
IMG_1014.jpg



おぉ!確かに違う!!!










この仏像は、





◆顔が長い→この時代に作られた仏像の特徴

◆作者は法隆寺の釈迦を作った人と同じ

◆戦時中など野ざらしにされてた時代があったので
 顔にキズがある




という話だったので φ(・ω・ )メモメモ










あと元々は、こういうお姿だったらしい
IMG_1024.jpg


後ろのやつとか

全部燃えたり壊れたりしたそうだ。










大きい仏像は「銅」で、右の仏像は「木造り」
IMG_1015.jpg



銅は、15トン使われていて

表面には金(きん)が30kg使われてるそうだ。





昔も今も

いい物に「金を使う」というのは

変わらないんだねぇ。










あ、左にも仏像が
IMG_1016.jpg










聖徳太子の16才時の姿、と書かれてた
IMG_1017.jpg










りりしい顔ですのう
IMG_1021.jpg










なぜか廊下には可愛いフクロウ
IMG_1022.jpg










おぉ、鐘が!
IMG_1027.jpg










もちろん鳴らすよ
IMG_1030.jpg










「蘇我入鹿の首塚」の案内が出てた
IMG_1033.jpg


「トイレ」と「首塚」を

同じ看板で案内するとは…効率的だな。










首塚が見えてきた
IMG_1034.jpg










首塚です
IMG_1035.jpg










次の場所に移動!










歩く。

歩く。










石舞台古墳に到着!
IMG_1036.jpg










え~、昔は無料だったのにぃぃぃい!
IMG_1037.jpg



昔は、だだっぴろい砂地に

ポツンと石舞台古墳があって

自由に見学できたのに。





管理費用として…か。

しょうがない、のか。










とりあえず入場。









見えてきた
IMG_1039.jpg


こんな階段とか無かったのに

立派になって(;д;)ウウウ










おぉ!デカい!!
IMG_1040.jpg










反対側から見てもデカい!
IMG_1041.jpg










中に入るよ
IMG_1046.jpg










ヒンヤリして気持ちいいナリ
IMG_1050.jpg










この黒点が「飛鳥石」の特徴らしい
IMG_1055.jpg










あ、何かある
IMG_1056.jpg










石棺だ
IMG_1057.jpg


元々、石舞台古墳にあった石棺を

再現して作ったそうだ。










けっこう頑丈そう
IMG_1058.jpg










当然、中には何もない
IMG_1059.jpg










ちなみに





大きい石が積み上げられている石舞台古墳ですが、

どの石が一番大きいか、分かりますか??





正解は、










ココです!
IMG_1063.jpg


77トンだって。





77トンの下に居たなんて

ちょっとプルプルしちゃうね。










さよなら、石舞台古墳
IMG_1060.jpg










次の目的地に向かって










歩く。

歩く。










この辺りは自然豊かでイイね
IMG_1064.jpg










…とノンビリ歩いてたら、










看板が見える
IMG_1065.jpg










なんだ…と
IMG_1066.jpg


はい、注意します。










田んぼの中に「オタマジャクシ」っぽいのがいたのに、全然撮れてない(涙)
IMG_1068.jpg










お、見えてきた
IMG_1074.jpg










亀石です!
IMG_1075.jpg










意外とデカい
IMG_1076.jpg










何かを悟った顔をしてる
IMG_1077.jpg










「何の目的で作られたか不明」だって
IMG_1078.jpg



きっと





亀の墓だな(←すっごい適当)










次の目的地に向かって










歩く。

歩く。










ずっと歩いて移動。

たぶん3時間以上は歩いたかも。





他の観光客は

みんな車で移動してた(号泣)










到着!
IMG_1079.jpg


一見、トイレか休憩所のように見えますが

違います。










高松塚古墳館です
IMG_1080.jpg


本物の壁画は、修理中で見せられないから

レプリカを作って展示してるそう。










感想。





うん。





入らなくてよかったかも。





広さ20畳前後ぐらい(狭い)の

部屋の中に










有名な
高松


などの壁画があって、

簡単な再現だけで

歴史は文字でズラズラ書いてあるだけ。





中にはトイレもなく

涼しくもなく(省エネ?)





ネットで見れば済む

というような情報ばかりだった。





お金とるなら

もっと展示を工夫してくれよ…。










「飛鳥」駅に到着。










駅前にユニークな自動販売機があった。
IMG_1081.jpg


もちろん買ったぜ。










腹が減った。





ので、










ずっと行きたかったラーメン屋に移動。










彩華ラーメン
IMG_1082.jpg


奈良でも有名なラーメン屋と聞いてたので

ずっと行きたいと思ってた店。










サイカラーメン
IMG_1083.jpg



白菜たっぷり!





スープはピリ辛だけど

そんなに辛くないので飽きないで食べられる。





麺は細め。

太麺好きな私には物足りなかったけど

スープの味は美味しかったぁ。





あと白菜好きなので

モリモリ食べられて良かった!










あと実は





大本命で





興味あったラーメン屋があるので





行ってみた。










まりお流
IMG_1084.jpg



濃厚な豚骨ラーメンがある店なので

「濃厚+豚骨」派の私は

行きたくてしょうがなかった。





来れてよかったーーー!!!!










写真は撮れなかったけど

濃度日本一(20倍!)という「富士山」を注文。










スープが、もうすごい。

レンゲを入れても、レンゲの中にスープが入ってこない。

それだけドロドロしてた。





さっそく食べたら

口の中に張り付くようなドロドロ感。

スープなのに

喉に引っかかる…。





太麺だったけど

もうそれどころじゃない。

スープが、スープが…。





とにかく濃厚すぎるらしく

後半は、脳が

「これは体によくないからストップして」

という信号を発してたけど

体からは

「濃厚好きだろ、食べろや」

というささやきが聞こえてきた。





もう、

よく分かんなくなってきた。










・・・・


・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










とりあえず完食できたけど

食べた直後は「もう食べたくない」と思ったけど

今は、また食べたくてしょうがない。





そんな不思議な味でした。














2日目は「京都」










昨日は「濃厚」を堪能したので、

今日は「さっぱり味」を味わうことに。










以前も行った「NITI」
IMG_1085.jpg










プリン味のかき氷!
IMG_1086.jpg


珍しい味だよね。

期間限定だから食べてみたかったんだ。










中にもプリン!
IMG_1087.jpg



曖昧じゃなくて

しっかりとプリン味でした。





美味しかった!!

また食べてぇ!!!!!










で、次も

カキ氷の店へ。










弥次喜多
IMG_1088.jpg




お店に入っても





「いらっしゃいませ」

「こちらの席にお座りください」





の声が無い。





勝手に座っていいらしい。

独特だ。





注文は席から叫ぶ。

独特だ。










宇治金時のカキ氷
IMG_1089.jpg


このインパクト!

モリモリしてる!










氷の目は粗いけど(NITIは細やかな氷だった)

シャキシャキ感が楽しい。





宇治抹茶の味は、濃厚!

けど舌に粉のようなザラつき感が…。





量も多くて

かなり満足~~~。










新幹線に乗るまで時間があったので、

京都駅から近い





三十三間堂へ。










駅から近いのは嬉しい
IMG_1093.jpg










さっそく入るよ~
IMG_1091.jpg










中は撮れないのが残念
IMG_1090.jpg




この「三十三間堂」は、後白河上皇の広い敷地の中にあって

後白河上皇の仏壇みたいな存在だと言ってた。










仏像は全部で1001体あって、





◆目が半開き、閉じてる

◆服が違う

◆眉毛が円、まっすぐ、太い

◆ダウンタウン松本さんや美川憲一に似てるもの





などの違いがあって

観察してて、すごく楽しかった。





ひときわ大きい「28部衆」と言われてる仏像は、

目に水晶が入ってるのでキラキラしてた。

人間の目に似てる感じ。












という感じで

一泊二日の旅は終わりました。





奈良・京都はイイね。





また行くぞーーーーーー!!!













<今週の面白どうぶつ写真>

このコーナーは、ネット上に掲載されていた動物写真を
勝手に貼っていくコーナーです。




が、





今回は写真が多いので

お休みですm(_ _)m







ランキングに参加中です。
応援、よろしくお願いします m(_ _)m


【 FC2ブログ ランキング 】



【 にほんブログ村 ランキング 】
にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ
にほんブログ村




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック