今日もモテない ヽ(´ー`)ノ
コンタクトレンズのつらさに負けず、更新なるべく頑張ります。
【旅行】和歌山に行ってきました

<ヒザが気になる年齢になってきた>

ヒザが疲れると「ヒザが悲鳴をあげている」と言いますが
ホントに悲鳴をあげてたら…と想像してみると、怖い。

ヒザ<ギャァァァァアアアアア!!!









和歌山へ行ってきました!






目的は3つ。

■熊野古道を歩く

■和歌山の名物を堪能する

■パンダの双子の赤ちゃんを見に行く





2泊3日の旅でした。











1日目




東京から和歌山

どうやって行こうかな。




新幹線←乗り換えが面倒
飛行機←満席でとれなかった








ということで、

初の高速バスを体験することにしました!




冬の初体験ですわよ、喪嬢様。

ムフフ…。








とワクワクしていたら

…現実は違いました。





・10時間の乗車
・ずっと座ってるからケツが痛い
・なぜか座席の「背もたれ&枕」が激烈に硬い(寄りかかると硬いため頭痛がしてくる)
・カーテン開けちゃいけないから窓から景色を眺められない
・トイレ休憩が約2時間おきにあり、その度に電気が付く&大音量のアナウンスが流れる
・↑耳栓&アイマスクをしててもダメでした
・前に座ってる人のイビキがジャイアンの歌よりひどかった









もちろん熟睡なんか出来ず、

フラフラ状態で下車。




安いのはとても魅力的なのですが

年取った体にはムチャだったのかもしれん…。

正直、あまり使いたくない(;つД`)







とボヤキながら

熊野古道を目指す。









到着!
熊野古道_1

山の中なり。




でも、どっちに歩けばいいか

案内が出てない。









とりあえず近くにあった資料館へ飛び込む
熊野古道_2









歴史を勉強できました
熊野古道_4


資料館を出たら

近くに道があったので

進んでみると、









Oh....
熊野古道_3


資料館のスタッフさんに道を聞いて、









やっと案内看板を発見
熊野古道_5









そして名所・滝尻王子を発見
熊野古道_8


注)
熊野古道には、いくつも「○○王子」という名称が出てきますが
この「王子」というのは、昔、天皇をしりぞいた人が
大勢の家来を連れて熊野古道を歩いた時、休憩などに使った分社の跡
を示しているとの事。
普通に「ハンカチ王子」とかの「王子」だと思ってた自分アホス。









そして、いざ

熊野古道

歩くぜ!










Oh...
熊野古道_7

そりゃそうだよな。

山道だもんね。




ハハハーーーー。








ほ ん と に 急 な 道 で し た
熊野古道_9


さすが山道です。




しかも石段があまり整備されておらず、

紅葉で枯葉が大量に落ちていたので

滑りそうで怖い怖い。




慎重に歩く…。








名所・胎内くぐりに到着
熊野古道_10









古道に横たわる巨大な岩です
熊野古道_11

下には岩穴があいてます。



----------------------------------------------------------
昔、熊野古道を歩く元天皇に同行した奥様が
ここで赤ちゃんを産んで、でも旅の邪魔になるから
赤ちゃんをここに残して旅を続けて
その後、また戻ってきたら元気に生きていた、
という伝説があるらしい。

----------------------------------------------------------



妊娠してるのに山を登るなんて
赤ちゃんを置いていくなんて

など、ツッコミどころは満載ですが…うん。









人がギリギリ通れる程の穴(岩のすき間)があいてます。
熊野古道_12


この岩穴をくぐると、

安産になり子供に恵まれる、との事。






私、くぐっちゃダメじゃん!






と思ったら、

その前にデブ体型のおかげで

くぐれませんでしたけどね (ゝω・)vキャピ











途中にあった川岸で発見
熊野古道_13

とても面白い形の石だったので

惹かれました。









熊野古道を

歩く。

歩く。









名所・牛馬童子に到着
熊野古道_14









左は花山法王の姿らしい
熊野古道_15

こういう姿で

熊野古道を歩いたんですかね。





「可愛い姿」ということで、最近人気らしいです。

(↑多くのガイドブックに書かれてました)









しかも牛・馬にまたがってます
熊野古道_16


家来は徒歩なのに…チッ。

(↑身分が低い方に思いが入り込むタイプ)









牛・馬のおしりが プリティー
熊野古道_17









花山法王の隣の石仏は、流行の厚底靴
熊野古道_18

シークレットシューズでは無いよな(←失礼)

身分が高い人って事ですね、わかります。









お腹が減ったので休憩
熊野古道_19

めはり寿司、さんま寿司、こんにゃくいなり。




和歌山名物が詰まった弁当でした。

ウマーーーーーイ!










熊野三山 の一つ、熊野本宮大社に到着
熊野古道_20







また登るのですか…
熊野古道_21

山道をうんこらしょと登ってきた老体が

この階段を見てたじろきましたが

「せっかく来たからには…」という貧乏体質のおかげで

登る勇気が出てきました。










入り口に到着
熊野古道_22



息を切らしながら、散策。









境内には八咫烏(やたがらす)
熊野古道_23

熊野の地を道案内したカラス、らしい。











陽が落ちてしまったので、

宿に向かう。




観光地は、陽が沈んでしまうとダメですね。

景観が楽しめなくなってしまう(´・ω・`)




もちろん、陽が落ちても楽しめる場合もありますが

熊野古道は山の中なので、そそくさと宿に向かいました。









いつも書いてますが…




旅行先に来ると、その土地の名物を求めて

コンビニ探索をするのですが








和歌山の名物は無かった…
熊野古道_24

この日の夜食たちです。






こんなに食べてたら、いつまで経っても

胎内くぐり出来ません。

する必要もないんですけどね。




( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \






…寝ます。









~~~~~~~2日目に続く~~~~~~~~









<今週の面白どうぶつ写真>

このコーナーは、ネット上に掲載されていた動物写真を
勝手に貼っていくコーナーです。




が、





今回は写真が多いので

お休みですm(_ _)m







【FC2ブログランキング】と【にほんブログ村 】に参加中です。
応援、よろしくお願いします m(_ _)m



にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ
にほんブログ村