今日もモテない ヽ(´ー`)ノ
コンタクトレンズのつらさに負けず、更新なるべく頑張ります。
【韓国】に行ってきました (Part,2)
<喪女版・シンデレラ>

通勤時、駅の階段をダッシュで降りていったら
片方の靴が半分だけ脱げて、
靴の中敷シート(強力脱臭バージョン)が
ポロリと階段に落ちました。

通勤ピーク時だったので階段を引き返すわけにも行かず、
靴の中敷シートを階段に置き去りにしてしまいました。

階段の途中に落ちている
1 枚 の 中 敷 シ ー ト

不思議な光景でした。






↓長いです







韓国に行ってきました!(Part.2)


2泊3日の旅でした。






2日目


この旅行ツアーには朝食が付いてなかったので、

(韓国の旅行パンフを見ると、朝食付きツアーは少なかったです)

韓国の朝食=お粥という思考が働き、

ホテル周辺のお粥店に行くことにしました。




韓国の朝は遅いようで、

だいたいのお店が7時オープンの様子。







「サムゲタン」を注文
サムゲタン
※イメージ図


--------------------------------------------------------
「サムゲタン」とは、
韓国・北朝鮮の代表的なスープ料理のひとつ。
鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだ栄養食である。
(Wikiより抜粋)
--------------------------------------------------------



鶏が丸ごと入っており、その鶏の中に米が入っているという

なんともダイナミックでボリューム満点な朝食。




スープが煮立った状態で出てきたので、

フーフーしても熱い!




時間が無かったので、仕方なく

舌を半分ヤケドさせながら食べていたら

店員さんがジェスチャーで

「鶏肉はスープから出して、お皿にのせて食べるんだよ」

と教えてくれました。




そりゃ、そのまま食べたら熱いですよね。

なるほど…。




優しいジェスチャーのおかげで、美味しく食べることが出来ました。

肉なのにアッサリしていて、サラリとしていて食べやすい。

また食べたい一品です(^q^)









朝食終了後、

韓国1日観光ツアーに申し込んだので

観光に出発です。







まず初めは「宗廟」
宗廟

韓国では、死んだら

「体と魂は別々になる」

とされているらしく、ここ宗廟は

李朝歴代の王と王妃の「魂」が眠っている場所とのこと。

(体は、また別のお墓で眠っているそうです)




ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたとあって

とてもキレイな場所。






ここは、韓国語、英語、日本語で案内するツアーがあり

もちろん日本語ツアーに同行しました。






宗廟の入口
宗廟門
ここでツアーが始まるのを待ちます。





ツアーがスタートし

早速、中へ。






中には池が何個かありました
宗廟池
建物が木造なので、消火用に貯めてるとのこと。








ツアーのガイドさん
宗廟ガイドさん
韓国の方だけど日本語が上手かったです。







メインの建物
宗廟の奥
ここに王・王妃の「魂」が眠っています。







建物についてる扉は全部で19。
扉
※参考画像


19人の王とその王妃が眠ってます。




他にも宗廟があり、

全体の宗廟に安置されている王は35体、王妃は48体。

(王と王妃の数が合わない…って、察したまえ)








ここの説明、すごく興味深かったです。



例えば、この建物。

横に長いですが、もともとは小さい建物だったそうです。


なぜなら、こんなに王がいっぱい誕生するとは予想してなかったから

建物を小さく建てていたとのこと。


王の数が増えるごとに、左に少しずつ(5体分とか)増築していき

最終的に今のような横の長さになったようです。


この建物には「門」や「建物に続く通路」「階段」があります。

これらは全て「中央」に配置しなくてはいけないのですが

左に増築する、ということは…中央の位置もズレてくるので

増築のたびにこれらも一緒に移動させたとのこと。


少しずつ増築したにもかかわらず、増築の継ぎ目が無いのがビックリ。

建物の一番右と一番左では建築したのが何百年も違うのですが

色も壁も同じ。

柱だけは、右は真ん中が太く左は下が太いようですが

それも良く見ないとわからないですし。




…というような、興味深い話を解説してくださるので、

このツアーおすすめなり。







こちらは、少し奥まった場所にある「宗廟」
宗廟もっと奥

先ほどの「宗廟」とは、屋根の形が違います。



こちらの「宗廟」には、

・あまり活躍しなかった王・王妃
・王になって間もなく亡くなった王・王妃


の「魂」が眠ってるとのこと。




何で別々にする必要があるんでしょうかねぇ。

(スペースの問題、だったかな)




死後に、

「こいつは活躍しなかったからコッチの宗廟だな」

と仕分けられるのって…。








王に関係する建物には
真ん中ダメ

このような、3列になっている道が多く存在します。




「真ん中は歩くな」

という注意の標識が、真ん中の通路に置いてありますが

この真ん中の通路というのは

「亡くなった王の魂」が通る

とされているそうです。




儀式の時、少し高くなっている中央を亡くなった王の魂が通り、

その左右の通路を王と皇太子が歩く、とのこと。




その話を聞いた後、






なんとなく皆さん中央を避けて歩いていました
真ん中避け

もちろん、中央を歩いてもOKなのです。

歩いても注意はされませんが、何となく心が痛いです。








次は「景福宮」へ。




ここでは「守門将交代儀式」を見ます。

(簡単に言うと「警備の交代式」かな)






立派な門です
景福宮_1







守門将交代儀式がスタートしました
景福宮_2







あざやかな衣装です
景福宮_3







交代の際、名刺みたいなのを見せ合ってました
景福宮_4



「守門将交代儀式」の終了後、

配置についた人と撮影をすることができます。





ちゃんとカメラ目線になってくれてました
景福宮_5
※隣にいるのは私ではありません。


微笑みも浮かべていて

優しくて力持ち、という感じ。







奥へ進んで行きます。







大切な儀式を行う「勤政殿」
景福宮_6







「勤政殿」への階段
景福宮_7

階段の中央は、階段がなく坂になってますが

王は籠に乗っているので、坂になってた方が便利だったらしいです。




坂の両脇の階段を籠持った人が歩くという…。

王ったらラクしすぎ。






階段のサイドには動物(名前忘れた!)の彫刻
景福宮_8

オスとメスで一対になっているそうです。






「勤政殿」の中にある玉座
景福宮_9

玉座の背にある絵柄の中に

「赤い丸」と「白い丸」がありますが、

これは「太陽」と「月」を表しているそうです。

「陰と陽」を表現しているとか。







天井には、対になってる龍
景福宮_10

「のぼり龍」は縁起がイイらしいです。

(日本と同じですねぇ)





主な建物は1階建てなのだそうです。

「勤政殿」は建物は大きいですが、

天井が高いだけで、1階建てです。






でも、このような2階建ての建物もあります
景福宮_11

このような建物は、

「お酒を飲む」など

宴会を行う場所なのだそうです。







お庭で、韓国の国鳥「カササギ」発見!
国鳥

ハトより少し小さくて、可愛かったです。






五重塔があった
5重の塔

五重塔の下は「国立民俗博物館」になっていて

韓国の昔の生活を垣間見ることができました。






お昼の時間になったので

仁寺洞に移動してご飯を食べることに。







…店名読めないけど、このお店で食べました
ご飯



ツアーに組み込まれたメニューは「ビビンバ」のみでしたが

ガイドさんが「10000ウォン(1000円より下)足すと、色々つけられるよ」

と言ってきたので、お腹が減りまくっていた私は

迷うことなく10000ウォンをバババーンと支払いました。



そしたら…色んな皿が次から次に運ばれてきて

最終的には、







テーブルの上がこんなことに!
ご飯2
注)一人前です



写真には写ってませんが、この他に「ビビンバ」とか

魚の丸焼きとか、ボリュームある料理が運ばれてきました。




もちろん完食しましたが、

お腹が完全に容量オーバーを訴えてきてヤバイ。




そんな状況なのに、ガイドさんが

「もっと食べる?おかわりできるよ。好きなもの言って」

と言ってきたのでビックリ。

韓国の人はたくさん食べるんですねぇ…。

私は…無理でした、無念。








ランチ終了後、北村(プッチョン)へ移動。







韓国の伝統家屋である韓屋の趣きが残っている地区だそうです
北村(プッチョン)散策3






散策します
北村(プッチョン)散策







李明博(イ・ミョンバク)大統領が住んでいた家です
北村(プッチョン)散策2

住んでいた、と言ってもレンタルだったので借りていたそうです。




大統領就任前、金持ちだった「李明博」大統領は

庶民さをアピールする為、ここに住んで選挙を戦ったとか。

(選挙ってイメージ大事ですねぇ)

でもこの家、大きいから庶民というか…(略。




選挙に勝ち、この家からは引っ越したのですが

その後、「縁起がいい建物」として人気が高騰。

でも相場の2倍以上なので、なかなか借り手が決まらないそう。

見に行った時も空き家でした。(でもセコムのマークありました)









次は「昌徳宮」へ。

昌徳宮







立派な門です
昌徳宮2







国の公式的な行事を行う「仁政殿」
昌徳宮3



先ほど出た「景福宮」と雰囲気が似てると思いますが、

こちらは最後(に近い?)王が住んでいた場所なので、

近代的になってる所がいくつか垣間見えました。




例えば、寝る場所。





ベッドです
昌徳宮4
布団ではありません。


他にもイスが西洋風だったり、かなりモダンな感じでした。






「大造殿」
昌徳宮5

切なものを殿

それが「大造殿」。




昔の大切なものといえば、「跡取り」。

つまり子供を作る場所だ。

言わせるな恥ずかしい。








ここはトイレです
昌徳宮6

中央より下に見える「小窓」ですが、







開きます
昌徳宮7
注)開けたのは現地ガイドさんです。


中を見ましたが、何もありませんでした。






<以下、ちょっと下品な話になります>




このトイレは、ただの小部屋のようになってます。

王様がもよおした時は、床の上にワラをしいて

そのワラの上に王様はプンッと出したそうです。

王様の健康状態を調べるために、王様専属のドクター的な人は

割ったり食べたりして、王様の体調をみたそうです。

この時代、王様は「人間ではない」特別な存在だったので、

そういうのも可能だったらしいです。うっぷ。





王様は特別なんです、はい。







次は「青瓦台サランチェ」へ。

青瓦台(チョンワデ)サランチェ1


ここは、入場料が無料の施設なのですが

無料とは思えない楽しい施設でした。






鳩山前首相も出席した「G20」会議が再現されてました
青瓦台(チョンワデ)サランチェ2






日本の国旗もあったので、迷わず着席
青瓦台(チョンワデ)サランチェ3


すると

着席した瞬間、周りにいた韓国人の団体客たちが

一斉にコッチを見ました。




なんか、目に見えない高い壁がまだまだあるんですね。

改めて実感。




でも気にせず着席して、首相っぽいポーズ決めて

自分撮りを続けました。




次の展示コーナーに移動したら、







大統領の執務室?の座席キターーー
青瓦台(チョンワデ)サランチェ4







座席側からの眺めです
青瓦台(チョンワデ)サランチェ5


こういう再現コーナーって

テンションがすごく上がるのは何故でしょう。







外には鳳凰の像
青瓦台(チョンワデ)サランチェ6

すごく…立派です。



ここで「韓国1日ツアー」は終了しました。









その後、まだ明るかったので

「ソウルタワー」へ行くことに。






ロープウェーで登ります。
ソウルタワー1

人気のデートスポットらしく、

カップルが大量に出没していました。





1日ツアー終了後、現地ガイドさんに

「この後は、どこに行くの?」と聞かれたので

「ソウルタワーに行こうと思ってます」と答えたら

「ソウルタワーは夜景がオススメですよ!」と

何度も言われました。




夜景=カップル、だろ…。




昼間でこんなわんさかいたら、夜は大変なことになるだろ…。

明るいうちに来て…よかったです。






下から見上げると、こんな感じ
ソウルタワー3
ソウルタワー2







展望台に到着しました
ソウルタワー4







いい眺めです
ソウルタワー6







展望台にはガチャガチャもありました
ソウルタワー5
東京タワーのようだ







満喫できたので、ロープウェーで戻ります
ソウルタワー7







その後は、明洞に戻り

予約していた「足マッサージ」のお店へ。





お店に行く途中、面白い建物を発見
変な建物





無事、お店に到着。




ここでは、「顔エステ」もできるということで、

「足のリンパマッサージ」と「顔エステ」を同時に受けました。




店員同士の雑談が多かったのが気になりましたが、

足もスッキリして、顔も潤ったので良かったです。




でもさっき韓国の口コミサイトみたら

評判悪すぎてワロタw

ああ…確かに、と思う書き込みが多々あり。




でも初めてエステを体験できたので、

こんなものかとわかったし、楽しかったです。

エステ、はまりそうでヤバい予感。








コンビニで夜食を探し回った後、

ホテルへ戻りました。





本日の夜食
夜食11
何か見覚えがあるようなパッケージですがキニシナイ。







そしてマッコリ
夜食12
微炭酸入りで飲みやすかったです。



そして就寝へ…。








3日目



朝、早く起きて







空港へ
飛行機から
帰国です…。


3日目は帰るだけとなりました。

さすが安いツアーは違うぜ。







お土産たちです
お土産

顔パックを写真以外にも大量に買ったので

試しております。




なかなかいいです。

顔パック、ハマりそうです。







韓国、すごく楽しかったので

また是非行きたいです。




ただ、今はすごく暑いので

もう少し涼しくなったら行こうかな、と。



そんな決意をしてみました。









<今週の面白どうぶつ写真>



は、

今週は

写真が多いので

中止です。




スマソ。







【FC2ブログランキング】と【にほんブログ村 】に参加しました。
応援、よろしくお願いします m(_ _)m



にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ
にほんブログ村